ブログ

創作絵の簡易メイキングです【メロンソーダと入道雲】

 

こんにちは、今年も大分寒くなってきましたね
着る電気毛布が手放せない作者です

さて、寒い言ってるのに夏の雲である入道雲描いてる謎な作者でござる…
いや、最近雲の練習してたもんで…
ちゃんとしたイラストとして描きたかっただけです、はい

前回同様、簡単にですがメイキング紹介しようかと思います

①ラフ画
雲は丸を描きまくってアタリ取りました
人物は適当に塗りつぶしながら形取りましたが、結局顔も見えずつまらんので雲を描き終わってから描き変えてます

 

②雲作画
濃いめの青→水色→青緑→白のグラデーションをかけます
次にアタリを元に、白で雲のシルエットを描きます

球体の集まりを意識しながら、1段階目の少し薄めな影を入れます
細々とし過ぎないよう、大まかにザックリ影入れます

 

レイヤーを新規で重ね、1影より青寄りで少し濃い色を明暗の境目やアタリで描いた球体が重なり合い、光の当たりづらい部分に塗っていきます
濃過ぎたと思ったら不透明度を調節したりして納得いく色にします

 

影部分が多過ぎた気がしたので、白色を上から重ね塗りしました

 

入道雲の後ろに薄雲を描きます
白色で描いてから、不透明度を下げ目立ち過ぎないようにします

 

③人物の下書き
こちらを振り向く男の子にしました
多分入道雲見ながら飲んでたんでしょう…

 

④線画
クリスタのデフォルトで入ってる『粗い鉛筆』で線を引きました
ちなみに背景はPhotoshopで描きました
背景は基本的にPhotoshopで作業します。自分の気に入る背景指南書がPhotoshop使ってることが多いのと、背景関連のブラシが多く手に入ること、またブラシのカスタムが個人的にしやすく、作りやすいからです

 

⑤色分け・大まかな明暗
色を決めていきます
最初は1枚のレイヤーに思いついた色をドンドン乗せていきます
塗りながら色味など色々変えながらベース色や明暗部分の色までザックリ塗っていきます
色が決まったら『投げなわ』ツールで肌や髪、服などパーツごとに選択→コピー&ペーストでレイヤーを作成していきます

 

⑥明暗の境界を整える
明るい所と暗い所の境目の形を整えたり、各パーツで最も暗い部分の色を追加したりして人物に立体感を出していきます
今回の絵は背景が青空なので、配色や影色も青系統でまとめることで人物に違和感が出ないようにしました
でも同化し過ぎても見栄えしないので、ドリンク(メロンソーダ)と目を類似色である緑を彩度高めに塗って目立たせました

飛行機雲を追加☆
人物に低明度・低彩度の青色を乗算し暗くします(逆行を強める為)
ハイライト部分は乗算を消しゴムで消して逆行を強く出します

 

⑦仕上げ
明るくしたい部分にオーバーレイなどを重ね、理想の色味になるよう不透明度を調節します
人物の右上を青緑と黄色、左下を青、ドリンクと目元を黄緑でオーバーレイをかけて明るくしました
特にドリンクは目立つように明るさを強めに出しました

最後に空のグラデーションをもう少し明るくしたかったのでオーバーレイをかけ不透明度を調整して終了です

青メインのイラストって普段あまり描かないのでとても勉強になったし、楽しかったです

あ、背景メインのイラストはダージではなく尾加佐槻として描いてるのでサインもそのように変更してます
基本的に趣味全開のダーク・病み・人外系イラストはダージとして描いてます
……ややこしくてすみません

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました!!

 

 

ABOUT ME
Dirgeダージ
こんにちは!絵描き人Dirge(ダージ)と申します。 イラストや漫画を通して様々な感情をお届けできるよう努めております。 ちなみにカッコいい男女と幼女を描くのが大好きです。