文具紹介

100均セリアの鉛筆芯シャープペンシル紹介

 

 

こんにちは、ダージと申します。

今回は100均セリアさんで見つけた鉛筆芯シャープペンシルについてお話ししたいと思います!

 

商品紹介

早速商品を見ていきましょう~

コチラになります。
芯のサイズは2mm、濃さはBです。

自分は見た目色ブラックを購入しましたが、少し明るめの色でブルーもありました。

買った店舗はブラックとブルーしかありませんでしたが、他の色があるのかは分かりません。

 

初めから替え芯もセットになっていて、更に芯を替える際取り外す上部のキャップに芯削りも付いていて本当に便利!このセット1つ買うだけで結構長く使えます。

 

別売りの替え芯商品には芯入れのケースにも芯削りが付いていました。

自分は普段から鉛筆を使用しているのですが、何故わざわざこの商品を購入したかと申しますと…

単純に『激安ッ!?』と思ったからです…衝動買いとも言いますね。

元々文具店などでこの鉛筆芯シャープペンシルの存在は知っていましたが、文具店でのお値段を見て買うのを断念した記憶があります。

正確な値段は覚えていないですが、自分が高いと感じたと言うことはシャーペン本体や替え芯などの値段が1000円前後だったのだと思います。

基本的に鉛筆を使用している身で興味本位だけで買うには高い商品だとその時は思ったのでしょう。

 

そう、その文具店で高くて買うのを止めた商品がなんと!

100均にあるではないか!?

と驚き衝動買いしてしまいました。

 

実際に絵を描いてみました

では、安かろうダメかろうではいけない。

では書き味は??どうだろうか。

ということで、実際描いてみました。
まずは線ですね。

 

 

こんな感じです。

A4コピー用紙に描きました。
左上が普通に描いた線で、その他が芯を寝かせて広範囲を塗り潰す様に描いた線です。

やはりシャーペンと鉛筆の最大の違いといえば、傾きによってこの広範囲を塗れるという部分だと自分は思います。

普通のシャーペンでも出来なくは無いですが、更に筆圧の変化まで出すのは難しいです。どうしても芯の強度が低いので塗りながら濃くしたくとも芯が折れてしまう場合が多いですし、ペンをどれだけ寝かせても塗れる範囲が鉛筆芯には劣ります。

普段鉛筆に使い慣れている自分が書き味の違いについての感想としては、

約98%以上…ほぼ鉛筆と変わらない書き味でした。

 

何故98%と出したかは、鉛筆と何度も交互に線を書いて試してみたところ鉛筆よりやや鉛筆シャーペンの方が紙から線が滑りやすい。という風に感じたからです。

ただ、これは鉛筆のメーカーや使い手の感じ方の違いによるものなので、ほとんど参考にならないような感想でもあります。

また滑りの良い方が描きやすいという方もお見えでしょうし、問題にならない点だとおもいます。自分の場合は少し紙に引っかかりがある方が描きやすいので約98%と応えさせて頂きました。

といってもほとんど鉛筆と変わらないという結果だと思います。

あとはこの鉛筆シャーペンの性能というより、芯の濃さのバリエーションを増やして欲しいなぁという要望くらいです。

自分の行った店舗にはBの濃さしか無かったので、せめて2B~3Bは芯の種類を増やして欲しいと個人的に思いました。

セリアさん頑張って!!

 

実際に鉛筆シャーペンを使って描いた簡単な絵がコチラ↓↓

 

ついでに比較対象として
鉛筆(Tombow MONO100 B/2B)で描いた絵も載せておきます↓↓

 

う~ん、鉛筆の方はBと2Bで濃さを使い分けたりしているので若干鉛筆絵の方が濃さ的にはバリエーションが出ていますが、鉛筆シャーペンも負けてないと思います!

むしろ100円商品としては十分な働きをしてくれたと感じています。
鉛筆のように削ったら削っただけ持ち手が短くなることもなく、芯を入れ替えるだけで手軽に使い続けることが可能で更に激安。

とってもお買い得商品だと思いました!
気になった方は是非使ってみて下さい。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます!

 

ABOUT ME
Dirgeダージ
こんにちは!皆様に萌えと感動を届けたい絵描き、Dirge(ダージ)と申します。 絵を通して様々な感情をお届けできるイラストを描けるよう努めております。 ちなみにカッコいい男女と幼女を描くのが大好きです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です